千葉ロッテの次期監督は2023年は誰?監督候補の紹介と予想!

Pocket

「千葉ロッテの次期監督は2023年は誰?監督候補の紹介と予想!」と題してお届けします。

2022年の千葉ロッテはオリックスと最後まで優勝を争いましたが、2位となり2022年に優勝するのではないかとの声も多く聞かれました。

今シーズンは5位と低迷しましたが、2023年の次期監督は井口監督がそのまま続投すると思われましたが、辞任することが決まりました。

千葉ロッテの2023年の次期監督は誰になるのでしょうか?

監督候補をあげて次期監督を予想したいと思います。

 

千葉ロッテの次期監督2023年は誰?新監督に有力視される監督候補を予想!

井口監督はメジャーから日本に戻った際に千葉ロッテに入り、選手としての実績はもちろん指導者としての適性を認められ監督に就任したという経緯があります。

2018年に監督に就任して今季は5年目となり、3年ぶりBクラスとなる5位でシーズンを終了。

球団は来季も続投を要請する方向でしたが試合直前の球団との話し合いの中で急遽辞任が決まったようです。

そんな中で、次期監督は誰になるのか予想してみたいと思います!

 

新監督は吉井理人に決定!20221007

2022年10月7日に今季千葉ロッテでピッチングコーディネーターを務めた吉井理人の新監督就任が発表されました!

本命は福浦和也!

千葉ロッテの新監督の本命は今季一軍打撃コーチを務めた福浦和也です。

福浦和也はマリーンズの地元である千葉県出身。

現役時代は千葉ロッテ26年間プレーしたフランチャイズ・プレイヤー

千葉ロッテ球団史上3人目となる2000本安打も記録しています。

現役を引退してすぐ、二軍ヘッド兼打撃コーチに就任。

2022年からは一軍打撃コーチとして指導者としてのキャリアを重ねています。

ファンからの人気もあり、現在最も多くのメディアで次期監督の最右翼と報道されています。

 

里崎智也

野球評論家やチャンネル登録者数528000人を誇るYouTuberとして活躍する里崎智也も後任監督として多くのメディアに取り上げられています。

1998年のドラフト2位(逆指名)で千葉ロッテマリーンズに入団し、16年間プレーしています。

WBCやオリンピックにも日本代表として出場する球団史に残る名捕手です。

指導者としての経験はないもののその野球理論は高く評価されています。

 

初芝清


「ミスター・ロッテ」と呼ばれた初芝清も新監督の候補に名を連ねています。

1988年のドラフト4位でロッテオリオンズに入団しロッテ一筋で17年間プレー。

引退後は、社会人野球のかずさマジック、セガサミーなどで監督やコーチとして指導者として経験を積み現在は社会人野球のオールフロンティアで監督を務めています。

現在所属しているチームとの契約問題もありますが、初のプロ野球監督としてのオファーとなれば、協議の上で円満に解決できる可能性もあるのではないでしょうか?

 

井口監督の後任に監督就任が噂される人とファンの要望が多いのは?

現在多くのメディアで名前の挙がる監督候補はほとんどが球団OBです。

ここでは、ネットでの書き込みやSNSなどでファンからの要望が多い人を紹介したいと思います。

 

落合博満

今ネットやSNSで最も監督になって欲しいとの声が聞かれるのが元中日監督の落合博満です。

現役時代はロッテ、中日、巨人、日本ハムの4球団でプレーし通算510本塁打を記録。

プロ野球史で唯一の三冠王を3度獲得しています。

指導者としても中日での8年間の監督時代はすべてAクラス入りを果たし、4回のリーグ優勝と1度の日本一の実績は多くの野球人やファンから高く評価されています。

現在は解説者やYouTubeでも自らのチャンネルを持ち活動しています。

 

鳥越裕介

井口監督がロッテ監督の就任時に、ソフトバンクのコーチをしていた鳥越裕介に千葉ロッテの2軍監督として来てもらいました。

豊富な指導経験もあり、井口監督が築いたチームを引き継いで欲しいという声が多く聞かれました。

ただ、2022年10月5日に球団へ退団の申し出があり、受理されたためこのプランは消滅しました。

 

千葉ロッテの次期監督2023年は誰?監督候補の紹介と予想のまとめ

今回は「千葉ロッテの次期監督は2023年は誰?監督候補の紹介と予想!」と題してお届けしました。

2023年の千葉ロッテを指揮する次期監督は有力視されるOBが三人、SNSやネットで就任を期待されるOBが一人で合わせて4人を監督候補として名前をあげました。

この中で予想すると次のようになります。

本命 福浦和也
対抗 里崎智也
穴  落合博満
大穴 初芝清

最近は球界の監督の若返り化が進んでいることを考えると、直近のOBが監督に就任する可能性が高いのではないでしょうか?

ただ、実績を一番に考えると落合博満氏の就任が最も早く優勝に近づける道となるように思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です