清原和博は中日のコーチに就任する?中日の来季の打撃コーチを予想!

Pocket

今回は「清原和博は中日のコーチに就任する?中日の来季の打撃コーチを予想!」と題してお届けします。

最近、清原和博が来季の中日のコーチに就任する?のではないかというネットニュースをよく見かけます。

立浪監督が同じPL学園の先輩である清原和博を来季の中日のコーチ人事の目玉として招聘するのではないかというものです。

清原和博と言えば、通算本塁打525本で歴代5位の記録を持つ球界のレジェンドですが薬物使用で実刑判決を受けたことから野球界とは疎遠になっていました。

清原和博が中日のコーチに就任する可能性についての検証と来季の中日の打撃コーチについて予想したいと思います。

 

清原和博の中日のコーチ就任は?立浪監督がコーチにしたい理由は?

今回の噂の発端となったのは交流戦開幕直前の5月23日に中村紀洋1軍打撃コーチが2軍に、波留敏夫2軍打撃コーチが1軍へ配置転換となった異例の人事によるものです。

立浪監督はこの人事に対して、「別に何かノリ問題があった訳でも何でもない。今回はあえてコメントは差し控えさせてもらいます」と言葉を濁したことで来季のコーチ人事について様々な憶測が流れているようです。

清原和博の中日のコーチに就任する可能性と立浪監督が清原をコーチにしたい理由について検証します。

 

清原和博が打撃コーチになる可能性は?

結論から言うと、清原和博が臨時コーチとして中日を指導する可能性はあると思いますが、1軍打撃コーチや2軍打撃コーチといったシーズンを通してのコーチ就任は難しいように思います。

その理由は2つ考えられます。

➀中日フロントの反対があるから

中日フロントの反応
春季キャンプで清原氏が視察に訪れた時も、最終的には『立浪監督がOKなら』と、表だって何か言ったりはしなかったが、難色を示し続けていた幹部クラスは1人や2人ではなかった。やはり中日は、いい意味でも悪い意味でも、かなり封建的な球団。有罪判決を受けた後、執行猶予期間が明けたとはいえ、スネにキズを持つ清原氏のコーチ就任となると、たとえ立浪監督の要請であったとしても、そう簡単にゴーサインを出さないのではないか」(スポーツ紙記者):デイリー新潮より引用
この記事にもあるように、中日の球団内部にはコンプライアンス面で清原和博に強い拒否反応を持つ幹部もいるようです。

②現在も薬物治療をしているから

清原和博は現在も薬物依存を断ち切るために、定期的な通院をしていることをTwitterで公開しています。
自ら起こした罪を反省して、同じ過ちを繰り返さないために病院での治療を受けていることは評価できますし、応援したことではありますが、tweet内容を見て大丈夫なのか?と考える人もいるのではないかと思います。

それでは、立浪監督が清原和博をコーチにしたいと考える理由はどういったことがあるのでしょうか?

 

立浪監督が清原和博をコーチにしたい理由とは?

立浪監督が清原和博を中日のコーチとして呼びたい理由は2つあると思われます。

 

➀打撃理論が優れているから

清原和博は選手時代に通算本塁打525本で歴代5位の記録を持っています。

YouTubeでの打撃指導の動画でも打撃に対する分析力があり、打撃フォームの欠点を素早く見抜き分かりやすい指導で改善していく様子はコーチしての適性を評価する声が多くあります。

中日は長い間4番打者を外国人選手に頼っており、日本人のホームランバッター育成が課題とされています。
1軍で活躍する鵜飼航丞、石川昂弥の両選手は、次世代の長距離砲として期待される逸材がおり、長距離打者に特化したコーチとして適任と考えているのではないでしょうか?

 

②野球人として復活してほしいから

立浪監督がPL学園の2年先輩の清原和博を慕っているのは有名な話です。

片岡2軍監督も清原和博を慕っており二人とも、清原和博の球界への本格復帰に関して、「何とかしてあげたい」という思いがあるようです。

そうした背景から薬物事件で逮捕・起訴されて以降、NPB球団から事実上の締め出されていた清原和博を今年の春季キャンプへ「ゲスト」として招き復活へのきっかけをつくっているようです。

立浪監督は1人で決めれることではないと思いますが、コーチングスタッフとして招聘することで本格的な野球界への道筋を作ってあげたいのではないかと思います。

 

中日ドラゴンズの来季の打撃コーチを予想!SNSの反応は?

2023年の中日ドラゴンズの打撃コーチはどのようになるのでしょうか?
来季の打撃コーチの予想と清原和博がコーチになることについてSNSの声をまとめました。

 

中日の来季2023年の打撃コーチを予想!

中日の2022年度は打撃コーチが3人いました。
1軍打撃コーチが波留 敏夫、森野将彦の2人体制で2軍打撃コーチが中村紀洋です。

福留孝介が現役引退したことで2023年度は打撃コーチに加わるのではないかと思います。

立浪監督の信頼も厚く、福留もPL出身ということと左打者であることもコーチングスタッフとして必要とされるのではないかと思われます。

 

清原和博コーチのSNSの反応は?

清原和博は立浪監督に感謝を述べてますが、立浪監督が上司としてその下でコーチをするのはお互いにやりにくそうですね。

 

現役時代の実績やYouTubeのコーチングを見ていると優秀な打撃コーチになりそうだと思います!

 

もし清原和博が打撃コーチになったら、意見がある時は立浪監督を裏に呼んでアドバイスとかしそうな気もしますね。

 

確かに良いところを褒める解説を見ていると、選手にも褒めながら指導しそうだし、選手も清原和博ほど実績がある人の言うことなら素直にアドバイス聞き入れそうですね!

 

清原和博は中日のコーチに就任する?中日の来季の打撃コーチ予想!まとめ

今回は「清原和博は中日のコーチに就任する?中日の来季の打撃コーチを予想!」と題してお届けしました。

この記事をまとめると。

Q1.清原和博が中日の打撃コーチになる可能性は?

A1.通年コーチは難しいが秋季キャンプ限定など臨時コーチとして起用される可能性はある。

Q2.中日の来季の打撃コーチ予想は?

A2.中日の2022年度は打撃コーチが3人体制。
1軍打撃コーチが波留 敏夫、森野将彦の2人体制で2軍打撃コーチが中村紀洋。

2023年度は福留孝介が現役引退して打撃コーチに加わり4人体制になるかも。

立浪監督の信頼も厚く、福留もPL出身ということと左打者であることもコーチングスタッフとして必要とされるのではないかと思われます。

清原和博の中日コーチの就任には、やはり賛否両論があります。

個人的には罪を反省し、未来に向けて頑張っているのが伝わってくるので野球界へ復帰の道筋を作ってあげることには賛成です。

来季のコーチ人事を楽しみにしたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です