大谷翔平はエンゼルスになぜ残留した?年俸調停を回避した理由とは?

Pocket

今回は「大谷翔平はエンゼルスになぜ残留した?年俸調停を回避した理由とは?」と題してお届けします。

2022年10月1日にエンゼルスの大谷翔平が来季の単年契約を3000万ドル(約44億円)で結んだと球団より公式発表がありました。

大谷翔平は年俸調停の権利を持っており、複数年の大型契約が予想されていました。

大谷翔平はエンゼルスになぜ単年契約で残留したのでしょうか?

年俸調停をすれば史上最高額での大型契約が見込まれる中、年俸調停を回避した理由について予想したいと思います。

 

大谷翔平がエンゼルスに残留した理由を予想!3つの可能性!

2022年は総額で850万ドルの2年契約の最終年となり、大谷翔平は年俸調停の権利を持っているため、来季契約に向けた交渉は時間がかかると予想されていました。

通常は大谷翔平のようなトップクラスのメジャーリーガーであれば、シーズン中に大型契約を結び契約延長をするのが一般的。

大谷翔平が来季の契約を複数年の大型契約ではなく、単年契約を結びエンゼルスに残留した理由について考察したいと思います。

 

残留の理由➀WBCに参加したいから

1つ目に考えられる理由は、「WBCに参加したいから」というものです。

大谷翔平は2023年に開催されるWBCに日本代表として参加したいことを2022年7月に公表していました。

トップクラスのメジャーリーガーほどWBCへの参加を認める球団は多くありません。

選手の活躍が球団にもたらすメリットと選手が怪我をした場合にチームに与えるダメージのリスクを考えると認めないのが一般的です。

来季の契約に向けては早い段階から球団と代理人は下交渉を行います。

今回の契約を結ぶにあたり契約する条件の一つに大谷翔平のWBCへの参加を認めるという条項があったことが考えられます。

 

残留の理由➁オフのトレーニングに集中したいから

2つ目に考えられる理由は、「オフのトレーニングに集中したいから」というものです。

大谷翔平がWBCに参加する場合、オフのトレーニングを例年より早く始める必要があります。

年俸調停を行えば今回の単年契約より高額の年俸を得られる可能性がありましたが、年俸調停の公聴会はシーズンに入る直前の2月に行われます。

交渉は代理人が行うものですが、契約の成否がわかるまではメンタル面での影響でトレーニングに集中できなくなる可能性も否定できません。

早く契約を結ぶことでWBCに向けて早めの始動とピークに合わせたトレーニングを逆算して組み立てることができます。

 

残留の理由➂長期契約を前提とした球団への配慮から

大谷翔平はFA権取得後の長期契約をする選択肢としてエンゼルスを一番の選択肢に考えていると思われます。

エンゼルスは起用法についても大谷翔平の意向をできるだけ汲んで二刀流でのプレーをサポートしてくれて、チームメイトの理解も得られているからです。

大谷翔平との2023年度の契約はエンゼルスにとって戦力の補強面にも大きな意味を持ちます。

エンゼルスとしては、大谷翔平との契約が早めにまとまることで、フロントの編成担当が来季に向けての補強資金の調達や配分がしやすくなります。

強いチームで戦いたい大谷翔平の意向は契約時の要望事項として球団にも伝えていると思われ、来季の補強をしやすくするよう大谷側が譲歩した側面もあるのではないでしょうか。

 

大谷翔平が年俸調停を回避した一番の理由は?ファンの反応は?

大谷翔平の2021年と2022年の投打での成績をもとに年俸調停を行えば、大型の長期契約を結べる絶好の機会でした。

メディアの報道では4000万から5000万ドルでの複数年契約の可能性もあると報じられていました。

今回の複数年の大型契約を結ぶチャンスを使わずに単年契約としたのはなぜでしょうか?

 

エンゼルスと長期契約をするかを見極めたいから

エンゼルスの現オーナーであるアート・モレノ氏は球団売却の方針を示しています。

大谷翔平と代理人の考えとして、エンゼルスと長期契約をしてからオーナーが変わり新オーナーの球団の運営方針が変わると困るので売却先のオーナーの運営方針を見極めたいという想いがあったと考えられます。

自身の起用法についてはもちろん、大谷翔平の希望である「プレーオフを勝ち抜いてワールドシリーズに進めるための戦力の拡充」についても新オーナーがどのように考えているかは長期契約をして残留するかの大きな決め手になるでしょう。

 

ファンの反応は?

やはり大谷翔平には強いチームでプレーしてもらいプレーオフやワールドシリーズで活躍する姿をみたいという気持ちはよくわかります。

 

大谷翔平がエンゼルスと長期契約をするかは、戦力を充実させて勝てるチームになること以外なさそうですね。

 

大谷とトラウトが活躍するポストシーズンをぜひ見てみたいですね!

 

大谷翔平はエンゼルスになぜ残留?年俸調停を回避の理由!まとめ

今回は「大谷翔平はエンゼルスになぜ残留した?年俸調停を回避した理由とは?」と題してお届けしました。

この記事をまとめると。

Q1.大谷翔平がエンゼルスに残留した理由は?

A1.3つの理由が考えられます。

  1. WBCに参加したいから
  2. オフのトレーニングに集中したいから
  3. 長期契約を前提とした球団への配慮から

 

Q2.大谷翔平が年俸調停を回避した一番の理由は?

A1.エンゼルスと長期契約をするかを見極めたいから

大谷翔平の二刀流が見たいファンは多くいますが、二刀流ができる環境という点ではエンゼルスが一番やりやすい環境だと思います。

球団の売却が解決するまで今後の契約に関して大きな動きはないと思いますが、来年のWBCでは怪我することなく活躍して欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です