羽生結弦のコーチは現在は誰?カナダのオーサーコーチとは不仲?

Pocket

羽生結弦のコーチは現在は誰?活動拠点はどこ?カナダのオーサーコーチとは不仲?というテーマでお届けします。

今季の目標には、決まれば世界初となる大技の4回転半ジャンプを、「必ず今季で決めるんだという強い意志がある」と公言し注目を集めている羽生結弦。

昨年は主な大会出場を見合わせ、出場した大会にも帯同するコーチが不在でした。

来年はオリンピックイヤーとなり、今シーズンの成績が鍵を握りるのは間違いありません。

現在のコーチは誰がしていて、今季の活動拠点は日本なのかカナダなのか?どちらになるのでしょうか?

オリンピックの2連覇を支えたオーサーコーチと不仲とのニュースも耳にしますが本当のところはどうなのでしょうか?

羽生結弦の今シーズンがどんな風になるのかを調べてみました。

 

羽生結弦の現在のコーチは誰?活動拠点はどこ?

羽生結弦の現在のコーチは誰が勤めているのでしょうか?

昨年は入国制限のあるカナダの拠点には戻らずに日本に残りましたが、今季はどうするのでしょうか?

まずは一番気になる誰がコーチなのか?と今季の活動拠点について調べてみました。

 

現在もオーサーコーチがついている!

現在もリモートでオーサーコーチから指導をしてもらうことはあるようです。

ただ、リモートということもあり、以前ほど頻繁に見てもらうことはなくなったようです。

現在は、羽生結弦が練習の組み立てやトレーニングを自分主体で行ってます。

必要なアドバイスや指導をオーサーコーチや振付やジャンプのパートコーチもしてもらう形で専属トレーナーもいてサポート体制はしっかりとしているようです。

 

現在の活動拠点はどこ?

まだ正式に公表されていないですが、今季も日本を拠点とすると思われます。

昨年はカナダの入国制限の影響で、地元の仙台で調整していました。

今年はカナダの入国制限も緩和され、2回のワクチン接種を終えていれば入国可能となり、入国の際の隔離もなくなっています。

カナダにも戻りやすくなっていますが、戻らないと予想する根拠は二つです。

 

➀日本に戻った際の自主隔離期間が2週間あるから

羽生結弦は11月に東京で開催されるNHK杯に出場予定です。

現在の日本の状況は、カナダから日本に帰った時に2週間の自主隔離期間が必要になる可能性が高く調整に影響が出ると思われます。

 

➁移動による感染リスクがあるから

羽生結弦は喘息持ちなので、長距離の移動を控えてきました。

昨年の主な大会も出場を見合わせています。

また、カナダがロックダウンする可能性も否定できず、日本にいる方が落ち着いて練習出来るからです。

 

カナダのオーサーコーチとは不仲?今後はどうなる?

カナダの拠点で指導を受けるオーサーコーチとは、これまでに何度も週刊誌やSNSなどで不仲の噂が流れています。

オーサーコーチと実際のところはどうなのでしょうか?

羽生結弦の今後についても予想してみました!

 

オーサーコーチの関係は良好!

羽生結弦とオーサーコーチの関係は現在も良好です。

オーサーコーチは、昨年にもカナダの出入国管理局に羽生結弦の特例入国について掛け合ってみると言ってくれ、またクリケットで教える日を楽しみにしている言われたことも羽生結弦がインタビューで明かしています。

オーサーコーチは、不仲説は、特に昨年の大会の帯同コーチが一人もいなかったことで拍車をかけた側面もあったようです。

昨年はカナダからの出国や日本への入国など厳しい制限があり、コーチを呼ぶハードルが上がる中、無理をしてでも呼び寄せる選手もいました。

羽生結弦はファンやコーチ、大会関係者に感染リスクを高める行動を控えたいとの想いもあり、帯同コーチを呼ばない選択をしています。

羽生結弦は喘息があり、オーサーコーチはたくさんの選手と接することが多いため、感染リスクを考慮して双方が理解したうえで直接会うことを控えるようしているというのが真相のようです。

昨年10月末頃からは、カナダの時間に羽生結弦が合わせてリモートで指導を受けるようになっています。

 

今後も日本で一人で練習する!

羽生結弦が2021年の世界選手権後のオンライン会見の中で、一人で練習するよさについて語っています。

羽生結弦コメント
1人で(練習する今の日々で)得たものは大きいし、4回転半の練習も1人でやっていて、分かってきたこともある。あとは、例えば複数人で練習した場合、4回転半のコース上に人がいたりすると、気が散ってしまうこともある。1人は、それがない。曲かけも、かなり自由度が高い。フィギュア独特の順番があったり、優先順位があったり。試合前の選手はいっぱい曲をかけられるけど、そうじゃない人は・・・みたいなルールもある。その中で1人なら自分がしたい練習、トレーニングプランに沿った練習ができる。

この内容からもわかるように、羽生結弦は自分の考えを主体的に行動に繋げることができるクレバーなアスリート。

今後もしばらくは日本で一人の環境で練習を続けていき、結果と向き合ってまた必要な修正を加えていくと思われます。

 

まとめ:羽生結弦の現在のコーチはオーサーコーチ!関係も良好!

羽生結弦のコーチは現在は誰?カナダのオーサーコーチとは不仲?というテーマでおとどけしました。

羽生結弦の現在のコーチは、カナダのオーサーコーチです。

羽生結弦の現在の活動拠点は日本でしばらくは国内で調整やトレーニングをすると思われます。

カナダのオーサーコーチとは良好な関係で連絡を取っており、リモートでのオンライン指導も受けています。

羽生結弦は、今後もしばらくは日本で一人の環境で練習を続けていき、大会での結果をもとに必要な修正を加えていくと思われます。

来年は北京オリンピックで3連覇がかかっています。

羽生結弦のモチベーションは3連覇よりも4回転アクセルにあると思いますが、体調管理には気を付けて万全のコンディションで悔いのないチャレンジをして欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です