安松滋明の勤務先のタクシー会社はどこ?顔画像はある?福岡市の大学生の死亡事故

Pocket

安松滋明の勤務先のタクシー会社はどこ?顔画像はある?福岡市の大学生の死亡事故というタイトルでお届けします。

2022年1月16日午前4時30分頃に福岡市東区でタクシーによる死亡事故が発生。

この事故で大学生の堀内悠馬さん(19歳)が亡くなり、タクシーを運転していたタクシー運転手の安松滋明(64歳)が逮捕されました。

安松滋明が勤務しているタクシー会社がどこなのか?容疑者の顔画像はあるのか?捜査の状況などを調べてみました。

 

安松滋明の勤務先のタクシー会社はどこ?

当初の報道ではタクシーを運転していた安松滋明は前を走る車を追い抜き、それをサイドミラーで確認していたところ、被害者の堀内さんを撥ねたとされていました。

しかし、警察の取り調べでドライブレコーダーを解析したところ、事故当時、タクシーを運転していた安松滋明は携帯電話を操作しながら運転し120キロのスピードで運転していた疑いで捜査が進められているようです。

 

勤務先のタクシー会社はどこ?

現時点では安松滋明の勤務先のタクシー会社は特定されていません。

SNSでは「個人タクシーではないか?」という声も見かけます。

しかし、警察に押収されたタクシーの車両を見ると、側面にテープが貼られてます。

個人タクシーであれば「個人」と表記されているため、わざわざテープを貼る必要はないはずです。

この状況から考えると側面のテープで勤務先のタクシー会社名が記載されていると思われます。

報道の映像を何度か見直したところ、事故直後の動画からは車体の側面にカタカナの「コ」と書かれているような文字が見られました。

この「コ」が会社名を表すマークならば、社名は「コ」から始まる社名であると想像できます。

しかし、福岡市のタクシー会社で「コ」から始まる名前のタクシー会社が確認できませんでした。

現時点では、安松滋明が個人タクシーなのか、勤務先がタクシー会社なのかはわかりませんが新しい情報が入れば追記していきます。

 

SNSでの反応は?

確かに高速道路並みのスピードで見てるだけでもヒヤっとしますね。

 

確かにドライブレコーダーの記録があれば嘘はつけないですよね。

 

これが事実なら福岡で夜にタクシーに乗るのは止めた方がいいかもしれませんね。

 

みなさんの声から、想像すると福岡の交通マナーは全国的にも下の方かもしれませんね。

 

安松滋明の顔画像はある?事故の捜査状況は?

職業としてのプロのドライバーでありながら、公道を携帯電話を操作しながら120キロのスピードで運転した今回の事件には厳しい非難の声があがっています。

SNSやネットでも顔画像を見たい人やこんな危険な運転手のいるタクシーには乗りたくないという声もあり勤務先のタクシー会社を知りたい人も多いようです。

 

安松滋明の顔画像はある?

現時点では、逮捕された安松滋明の顔写真(画像)は公開されていません。

Facebookにも、同姓同名のアカウントは1件も確認できなかったことから、安松滋明はSNSを利用していないと思われます。

 

事故の捜査状況は?

事故直後には、ニュースのコメントなどでも、2車線ある道路を横断歩道を使わずに渡った歩行者に落ち度があり、たまたま事件に遭遇したタクシーの運転手が気の毒だとの声も聞かれました。

しかし、捜査が進みドライブレコーダーで事故当時の運転状況では携帯電話を操作していた疑いもあり、また制限速度が50キロの道路を120キロで走行していたことを考えると危険な運転であることは明白です。

一方で安松滋明は人をはねたことについては認めていますが、携帯電話を見ていたことについては否認しています。

危険運転致死傷罪での立件を視野に入れてドライブレコーダーの記録をもとに検証しながら、容疑の裏付け作業をしていると思われます。

 

安松滋明の勤務先のタクシー会社はどこ?顔画像はある?まとめ

安松滋明の勤務先のタクシー会社はどこ?顔画像はある?福岡市の大学生の死亡事故というタイトルでお届けしました。

今回の事故は、容疑者である安松滋明が一般道で120キロという猛スピードで危険な運転をしたことが一番の原因です。

安松滋明の勤務先も近いうちに公表されるかとは思いますが、やはり、こういう事故を起こしたタクシー会社はどこ?にあるのって思いますし、そんな会社のタクシーには乗りたくない!という気持ちも多くの人が持つ感情だと思います。

こんな事故を起こした犯人の顔画像を見たいという人も多くいると思いますが、無関係の人の写真を偽って掲載するような行為は止めましょう!