トヨタイムズの2代目編集長は誰?香川照之降板で後任は富川アナで決まり?

Pocket

今回は「トヨタイムズの2代目編集長は誰?香川照之降板で後任は富川アナで決まり?」と題してお届けします。

トヨタ自動車は9月1日、自社CMトヨタイムズで香川照之が出演するテレビCMの放送を自粛することを表明しました。

同社の広報部はマスコミからの問い合わせに対して「現在、香川照之氏が出演するテレビCMついては、放映を見合わせております。同氏とのプロモーションに関する契約は、本年末にて契約満了となる予定です」とコメントを発表しています。

トヨタイムズは契約満了ということで違約金などは発生しない見込みのようですが、実質的な降板と見られています。

香川照之が務めていたトヨタイムズの後任の編集長は誰になるのでしょうか?

 

トヨタイムズの2代目編集長は誰?後任は富川アナで決まり?

トヨタイムズの公式ツイッターアカウントでは次のように紹介されています。

「トヨタイムズは、今まで公開されることのなかった、トヨタのありのままの姿をお見せするメディアです。モビリティカンパニー への変革に向けて、トヨタの中でどんな変化が起き、トップである豊田社長は何を考え、何をしようとしているのか?トヨタの内側をお見せしていきます。」引用:公式Twitterより

トヨタイムズは現社長の豊田章男社長の肝入り企画と言われており、トヨタ自動車のイメージ戦略でも鍵を握るメディアです。

香川照之の一連の報道でイメージダウンを回避するために次期編集長は誰が選ばれるのでしょうか?

 

トヨタイムズの次期編集長は富川アナで決まり?

香川照之の後任として2代目編集長になるのは富川アナではないかと言われています。

富川アナは2022年3月にテレビ朝日を退職し、トヨ自動車に入社しています。

富川アナの父親がトヨタの元重役で、新天地として異業種の企業へ入社を決断する背景にはその縁もあったと噂されています。

富川アナは自身が立ち上げた個人事務所「オフィス・プレンティージャパン」のHP内で自らを、「トヨタ自動車株式会社の所属ジャーナリスト」と名乗っていますが、トヨタ入社後の活動については目立った実績はありません。

先にテレビ東京を退社してトヨタに入社している森田京之介アナが「新人記者」としてトヨタイムズのCMに出演していることから満を持して2代目編集長になるのではとの声があるようです。

 

富川アナの経歴は?

富川悠太アナ経歴
職業
ジャーナリスト(トヨタ自動車所属)

前職
テレビ朝日アナウンサー
(報道ステーションメインキャスター)

生年月日
1976年9月3日生

出身地
愛知県名古屋市

血液型
A型

身長
175cm

学歴
横浜国立大学

免許・資格
小学校教諭一種免許状
中学校教諭一種免許状(保健体育)
中型自動車免許
普通自動二輪車免許
PADIオープンウォーターダイバー

スポーツ
野球 / バドミントン / 水泳

特技
犬を秒で懐かせる

趣味
ドライブ
ラーメン(年間300杯超)
カレー(年間200食超)
長風呂(1風呂2時間超)
スマホゲーム
漫画
引用:株式会社オフィス・プレンティージャパンHP

 

後任候補にイチローや阿部寛の声も!

現在最も後任として有力視されているのが富川アナですが、後任候補にはイチローや阿部寛を押す声もあるようです。

これまでのトヨタイムズのヘッダーには豊田章男社長と同じサイズで腕組みする香川照之が掲載されていましたが、2022年9月1日現在、香川照之は削除されており、アーカイブで閲覧不可となっています。

新しく掲載されているヘッダーは豊田社長と自動車が組み合わせられており、「トヨタアスリートの情報を中心に毎週水曜 午前11時50分放送」と新たな文言が加わっています。

このことからトヨタイムズの路線変更するのではないかとの声もあり、過去に豊田社長との対談経験もあり、プライベートでも付き合いのあるイチローが起用されるのではないかとの声もあるようです。

トヨタイムズはトヨタの人気のオウンメディアということもあり、阿部寛の名前なども挙げられているようです。

 

トヨタイムズは放送中止でお蔵入りもある?世間の声は

トヨタ自動車の広報の発表では放送を見送っているということですが、香川照之とのプロモーション契約は本年末(2022年)までとなっており放送の自粛期間中にトヨタイムズの今後の方針を決めるようです。

 

トヨタイムズは放送中止でお蔵入りもある?

トヨタイムズが放送中止していますが、このままお蔵入りする可能性もあると思われます。

今回のきっかけとなった香川照之の性加害については、“#MeToo運動” などの影響もあり、日本国内より海外のほうがはるかに厳しい論調で報道されています。

性加害の当事者俳優をCMに起用していることは世界的な不買運動に繋がる可能性があることから降板が決まったと考えられます。

しかし、トヨタイムズは創刊当初から香川照之を起用していることから、世間的にも編集長として高く認知されています。

富川アナを新編集長に起用しても一度できたネガティブなイメージを刷新するのは難しいのではないでしょうか?

そういう点から考えてもトヨタイムズが再開することなくこのまま放送中止でお蔵入りする可能性は高いと思われます。

 

世間の声は?

トヨタイムズのCMに対してのイメージは概ね高評価が多かったようなので残念がる人も多いみたいですね。

 

CMへの評価が高かった一方で、性加害報道を事実と本人が認めているので拒否反応が多く出るのも理解できますね。

 

番組やCMの純粋なファンを裏切る結果となったのは残念なことですね。

 

トヨタイムズのCMのイメージがよかっただけに、早めに打ち切りの判断をしたのが正解と言われるのも仕方ないですね。

 

確かに報道当初は世間の反応をうかがう感じだったので、それだけ本社への問い合わせも多かったのかもしれませんね。

 

トヨタイムズの2代目編集長は誰?香川照之降板で後任は富川アナかお蔵入りの可能性も調査まとめ

今回は「トヨタイムズの2代目編集長は誰?香川照之降板で後任は富川アナで決まり?」と題してお届けしました。

今回の記事をまとめると。

Q1.トヨタイムズの2代目編集長は誰?

A1.トヨタイムズのCMは現在放送を見合わせており、香川照之が事実上の降板になったが、後任は決まっていません

元テレビ朝日の富川アナがトヨタに所属しているため2代目編集長になるのではとの声は多く見られます。

Q2.トヨタイムズは放送中止でお蔵入りもある?

A2.現在放送を放送を控えており、事実上放送中止ともいえる状態。

トヨタイムズのスタートから香川照之が出演しているため、イメージが強く根付いているため、お蔵入りにして新しい企画を始めることも予想されます。

Q3.世間の反応は?

A3.トヨタイムズや香川照之の出演する番組について降板を残念に思う声も一定数見られますが、

本人が性加害報道が事実であることを認めているため、放送中止は止む無しという声が多くあります。

現在の報道状況を考えると連鎖的にCMや番組の降板が続く可能性はありそうです。

今後の動向を見守りたいですね。