369の約束手形は知床遊覧船の事故を予言していた?

Pocket

今回は「369の約束手形は知床遊覧船の事故を予言していた?」と題してお届けします。

今Twitterで注目を集めている人がいます。

369の約束手形さんです。

4月23日に知床遊覧船の沈没事故が起こりました。

遡ること4月8日にこの事故を思わせるツイートがされており予言していたのではないか?というものです。

詳しく見ていきましょう!

 

369の約束手形のツイートとは?

369の約束手形さんの夢に出てきたことを自分の解釈(受け取った印象)を加えて文字に起こされているようです。

このツイートの中で次の内容に関心が集まっているようです。

  1. 船のようなアトラクション
  2. 安全管理が徹底されていない
  3. 暴露すべく配信でそれを証明し証拠として配信する人の光景が見える

このツイートでこの3つの事柄については、知床遊覧船の沈没事故後の報道を見ると当てはまっているように感じる人も多いのではないでしょうか?

1.船のようなアトラクション→アトラクションの意味を調べると【催事などで、人寄せのため余興として行われる出し物、遊園地などの遊戯設備、観覧車やジェットコースター】 とされています。

知床遊覧船は地元の観光用に用意されてアトラクションと言えるのではないのでしょうか?

2.安全管理が徹底されていない→気象予報で天候の悪化が予想される中での出航は問題視されていますし、船に積まれていた無線機の故障や衛星電話を携帯に変更し申請。

当日の事故の通報は乗船客の携帯電話からという一連の事態は安全管理の問題点を指摘されています。

3.暴露すべく配信でそれを証明し証拠として配信する人の光景が見える→この知床遊覧船の運営実態について、事故を起こした船長の同僚が普段からあった安全性への懸念や運営実態について暴露しています。

 

知床遊覧船の事故を予言?

このツイート部分でも事故との関連を感じさせる部分があります。

1.女性だけが残され左右前後に振られ、大きく揺り動かされる、あっちこっちに飛んでいる→事故当時の天候悪化で船が大きく揺られ、船内にいた人たちや中にあった乗客の手荷物があちら、こちらに飛び交っているシーンと言えば納得できるのではないでしょうか?

2.降りていた男性がカメラに向かって、ミロこう言う事だと管理不備を訴えている→天候不順を理由に乗船をキャンセルした客がいたのかもしれません。

3.急ぐ監視員 操作員達そこで終わった→実際に遊覧船に乗っていた船員や船長は沈没しかける船の立て直しに必死に動き回っていたのかもしれません。

 

369の約束手形は知床遊覧船の事故を予言していた?まとめ


今回は「369の約束手形は知床遊覧船の事故を予言していた?」と題してお届けしました。

369の約束手形さんのツイートは知床遊覧船の事故を連想させるもので、この事故を予言していたと感じさせるものです。

しかし、この事故については369の約束手形さんは事故後ツイートしておらず関連性については不明です。

今後の進展を見ながら追記していきたいと思います。