ZIMAの販売終了で再販売の可能性はある?いつ?

Pocket

モルソン・クアーズ・ジャパンが輸入・販売する低アルコール飲料・ZIMA(ジーマ)

が2021年12月31日をもって販売終了となりました。

現在市場に流通している商品がなくなり次第、いったん国内での販売終了となります。

SNSでもZIMAの終売を惜しむ声が多数あることから、国内では販売終了となりますが、今後の再販売の可能性といつになるか?について調べてみました。

 

ZIMAの国内での販売終了する理由と再販売について予想!

この販売終了は、日本での輸入・販売を手掛けるモルソン・クアーズ・ジャパンの事業終了に伴うものです。

同社が2021年11月に得意先に送った書面がTwitter上に投稿され、年末年始にかけて注目を集めていました。

 

国内での販売終了する理由は?

販売元のモルソン・クアーズ・ジャパンコメント
「18か月にわたり、ジーマの再活性化、ポートフォリオの変更及び売上を拡大するための新販売モデルの導入等の業績改善を図る変更を実施してまいりました。残念ながら、これらの変更は結実しませんでした。また、克服し難い重大な新型コ〇ナの影響は、今後も無くなりません」。引用:事業終了を伝える書面より

とあり、販売終了の決断の背景には、少なからずコ〇ナ禍の影響があったことが伺えます。

 

今後の展開は?

なお今後の展開については現在流通している在庫で販売終了としています。

今後の日本での再販売については、親会社であるモルソン・クアーズ・ビバレッジ・カンパニーで検討中とのことでした。

再販売はいつになるか予想

過去に終売したアルコール飲料でも、再販売をしているものはあります。

アサヒビールが販売していたレーベンブロイや三井食品が販売していたアンカービールなどです。

ZIMAはファッション的な要素のあるドリンクで、家飲みというよりはバーやクラブなどで飲む外飲み向けのドリンクです。

しばらくの間、休売して外食需要が復活したタイミングで再度販売するのではないかと思います。

1年~2年の休売期間を経ることになると思うので、2023年か2024年の再販売で復活するのではないでしょうか?