東大事件の犯人の高校は名古屋市のどこ?犯人の名前は特定された?

Pocket

東大事件の犯人の高校は名古屋市のどこ?犯人の名前は特定された?というテーマでお届けします。

2022年1月15日に開催された全国共通テストの初日に、東大の試験会場(弥生キャンパス)で受験生が刺される事件が起きました。

この事件で逮捕された犯人は17歳の少年(高校2年生)受験生ではありませんでした。

この少年は17才で未成年であることから詳細な報道がありませんが、この東大事件の犯人の高校が名古屋市のどこ?にあるのか。

犯人の名前が特定された?かについて調べてみました。

 

東大事件の犯人は名古屋市の高校2年生!高校は名古屋市のどこ?

この記事では、犯人の少年は名古屋市内に住んでいて、名古屋市の私立高校に通う学生であることを報じています。

犯人の少年は「勉強が上手くいかず事件を起こして死のうと思った」と供述していて、2021年の時点で犯行を計画していたようです。

今回の東大事件は、試験会場にいた人間であれば誰もが被害者になる可能性があった無差別テロです。

 犯人の高校はどこ?

文春オンラインで犯人の高校生が通う学校を明らかにしています。

男子生徒の所持品に、名古屋市内の私立東海高校の生徒手帳があったことから、同校の生徒と特定して捜査を進めているようです。

東海高校の入試偏差値は75で海部俊樹元内閣総理大臣も卒業生の県内有数の進学校です。

2021年の進学実績によると、卒業生428名中30名が東大、京都大学へも31名が進学しています。

 

SNSの反応は?

犯人と同じ位の年齢を持つ親世代の人はこういう同情もあるかもしれませんね。

 

確かに最近の事件の傾向は短絡的で若年齢化が進んでいるのかもしれません。

 

いろいろとコ〇ナのせいにする風潮は確かに増えていますが、それ以外の原因も実は多かったりしますね。

 

犯人の名前は特定された?顔写真を5chが特定?

逮捕された犯人は17歳の未成年です。

逮捕後も素性(名前・顔写真)は公開されていません。

そういったことからネット上では少年および家族(両親)の特定作業が活発化しています。

 

犯人の名前は特定された?

現在わかっている犯人情報<br />
年齢17歳

名古屋市の私立高校 東海高校2年に在籍

黒い服で眼鏡をかけていた

髪は坊主

 

顔写真を5chが特定?

犯人について調べたところ、5ch(2ch)に犯人とされる人物の顔写真(画像)が投稿されていました。

その書き込みでは「犯人はこいつらしい」と犯人らしき少年の顔写真がアップされてます。

Twitterでもその写真が転載されていますが、モザイクがかかっているため素顔を特定することはできません。

通常は犯人の名前と顔写真が同時に公開されるものです。

名前に関する情報がないことから、その写真は東大事件とは全く関係ない人物である可能性が高いです。

 

東大事件の犯人の高校は名古屋市のどこ?犯人の名前を特定?まとめ

東大事件の犯人の高校は名古屋市のどこ?犯人の名前は特定された?というテーマでお届けしますした。

東大事件は最近の犯罪の傾向が出ている事件です。

犯罪の若年齢化、短絡的でありながら計画的な犯行です。

犯人の高校は名古屋市の有名進学校ということもあり、しばらくは事件を深堀するメディアも多くあるはずです。

犯人の名前を特定することは難しいと思いますが、また進展があれば追記します。