ジブリパークはしょぼいしつまらない?前評判が微妙なのはアトラクションがないから?

Pocket

今回は「ジブリパークはしょぼいしつまらない?前評判が微妙なのはアトラクションがないから?」と題してお届けします。

日本はもちろん世界的にも多くのファンを持つスタジオジブリのアニメ。

そのスタジオジブリの世界観を再現した「ジブリパーク」が愛・地球博記念公園の中にある敷地に2022年11月1日にオープンします!

このジブリパークのオープンを控え、前評判でよくみかけるワードが「しょぼい」、「つまらない」、「微妙」と言ったネガティブなものです。

ジブリパークが「しょぼい」や「つまらない」と言われる理由はどんなところにあるのでしょうか?

前評判が微妙なのはアトラクションがないからとも言われているようですのでそのあたりも詳しく調べてみました!

ジブリパークの前評判や賛否の口コミをまとめていますのでジブリパークに行くか迷われている方は参考にしてみて下さい。

 

ジブリパークはしょぼいしつまらない?と言われる理由を調査!

ジブリパークにはオープン前からしょぼいしつまらないといったネガティブコメントがネットで見られます。

ジブリパークがしょぼいとかつまらないと言われる理由について調べてみました。

新しくできるジブリパークへ来場者が期待しているものと、ジブリパークが掲げるコンセプトに大きなズレがあるからだと思います。

ジブリパークに行く前に、しょぼいと言われる理由を事前に知って後悔しないようにしましょう。

 

理由➀パーク内にキャラクターがいない

ジブリパークの特徴の一つにパーク内に着ぐるみのキャラクターがいません。

ディズニーランドやUSJのようなテーマパークでは着ぐるみのキャラクターが入り口で来場者を迎えることはありません。

また、施設内のパレードなどで踊ったり握手をしたりといったキャラクターとのふれあいもテーマパークでの楽しみの一つです。

しかしそういったことができないことがテーマパークに通い慣れている人から見るともてなし感が無くしょぼいと感じる理由なのかもしれません。

 

理由➁施設のリノベーションで目新しさがない

ジブリパークは開業にあたり、新しい取り組みとして既存の公園施設のリノベーションをあげています。

ジブリパークは新しく建設する施設もありますが、「愛・地球博記念公園」の既存施設をリノベーションして使うものもあり、一度来たことのある人には目新しさがないのかも知れません。

 

理由➂ディズニーランドやUSJとの比較から

ジブリパークは世間の人にテーマパークとして期待されているようです。

ディズニーランドやUSJでは、たくさんのイベントやキャラクターが登場し、キャストの対応もゲストの夢を壊さない一流の対応です。

それぞれのテーマパークの世界観が食べ物やおみやげ、施設内のホテルにまで徹底されています。

ディズニーランドやUSJをイメージしてジブリパークに行くと、ディズニーランドやUSJのようにイメージしているテーマパーク像にギャップを感じ、しょぼいと感じるのかもしれません。

 

理由➃広い割に施設が少ない

ジブリパークは東京ディズニーランドの約4倍広さがあります。

しかし、ジブリパークは敷地のほとんどが自然の森で、広さの割に建物などの施設が少ないです。

広い割に施設が少ないからしょぼいと感じる原因の一つなのかもしれませんね。

 

ジブリパークの前評判が微妙なのはアトラクションがないから?

ジブリパークの前評判でよく見られるしょぼいと感じる理由を考えてみましたが、ジブリパークならではのアトラクションがあれば来場者も楽しめるのではないでしょうか?

ジブリパークにスタジオジブリの世界観を再現するようなアトラクションがないのでしょうか?

 

アトラクションはない!

結論を先に言うとジブリパークには世界観を再現するようなアトラクションがないのです。

アトラクションを作ると自然を壊してしまうから作らないという考えです。

世界的なトレンドであるSDGsや環境配慮という観点でみれば、環境にやさしいという点では支持される要素でもあると思います。

 

ジブリパークのコンセプトは公園!

ジブリパークの掲げるコンセプト次の通りです。

ジブリパークコンセプト
ジブリパークは「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」内に、森と相談しながらつくっているスタジオジブリの世界を表現した公園です。
ジブリパークには、大きなアトラクションや乗り物はありません。
森や道をそのままに、自分の足で歩いて、風を感じながら、秘密を発見する場所です。引用:ジブリパーク公式HP

ジブリパークはテーマパークとして世間の人には認知されているようですが、実はスタジオジブリの世界を表現した公園なんですね。

このテーマパークと公園という認識の「ズレ」が「しょぼい」とか「つまらない」という感想に繋がっているんでしょうね。

 

ジブリパークの5つのエリアとは?

ジブリパークには2022年の開業時にオープンする3つのエリアと2023年、2024年にオープン予定のエリアがあります。

 

ジブリの大倉庫

2022年オープンの「借りぐらしのアリエッティ」、「天空の城ラピュタ」がテーマのエリア。

期間限定の展示や子供の遊び場もある全天候型の屋内エリアとなり、飲食施設もあるため休憩場所としてジブリパークのメインエリアとも言えそうですね。

 

青春の丘


2022年オープンの「猫の恩返し」や「耳をすませば」がテーマのエリア。

 

ジブリパークの入口付近の建物で、特に来場者が訪れやすい場所にあります。

 

どんどこ森


2022年オープンでとなりのトトロの世界観を忠実に再現するエリア。

劇中に登場するサツキとメイの家を楽しめるのはもちろん、どんどこ森は季節によって異なる雰囲気を楽しめる場所となっています。

 

魔女の谷

2024年の3月に開業予定のエリア。

「魔女の谷」は、映画「魔女の宅急便」、「ハウルの動く城」などがテーマのエリア。

「魔女の宅急便」に登場する「オキノ邸」と「グーチョキパン屋」が建設予定。

 

もののけの里

2023年の秋に開業予定のエリア。

映画「もののけ姫」をテーマに、劇中に登場する製鉄所「タタラ場」をモチーフにした体験学習施設ができる予定。

 

ジブリパークの前評判と賛否の口コミは?

ここまでは、ジブリパークが開業前から「しょぼい」や「つまらない」という声が見られる理由などを調べましたが必ずしも悪い評判ばかりではありません。

次はジブリパークの前評判や賛否の口コミをまとめたので、ジブリパークに行くのを迷う人は参考にしてみて下さい。

 

ジブリパークの前評判は?

 

 

ジブリパークの賛否の口コミは?

賛成派と否定派の口コミを調べてみました。

 

賛成派の口コミ

公園内をのんびり回ってジブリの世界観を楽しむのもいいですね!

 

猫バスに乗ったお子さんはきっと思い出に残る体験でしたね!

 

ジブリが本当に好きな人は原画や資料を見れることも楽しみですね!

 

ジブリパークに限らず、そこに何を求めるかで価値が変わりますよね。

 

乗り物を楽しみにしている人にとっては、退屈な公園に感じるかも知れませんね。

 

否定派の口コミ

ジブリ好きにはパラダイスかもしれませんが、元ネタを知らない人は楽しむ選択肢がせばまるかもしれませんね。

 

世界観の再現度合いをどう感じるかは人それぞれだと思いますが、再現のレベルがしょぼいという意見もあるんですね。

 

エリアごとの料金設定については不満の声が一定数あがっているようですね。

 

アニメで見た感じと現実で見たときのギャップはあるのかも知れませんね。

 

ジブリパークはしょぼいしつまらない?微妙なのはアトラクションがないから?まとめ