吉野家の取締役は不適切発言で辞任か解任される?今後の影響は?

Pocket

今回は「吉野家の取締役は不適切発言で辞任か解任される?今後の影響は?」というテーマでお届けします。

吉野家で常務で取締役企画本部長を務める伊東正明氏の不適切発言が炎上しています。

これは伊東正明氏が講師を務める早稲田大学で社会人向けのマーケティング講座での発言で、性差別、人権侵害、犯罪を助長する内容であったため批判の声が各方面から寄せられているものです。

吉野家の広報からも謝罪コメントがリリースされていますが、謝罪だけでは済まなさそうな情勢となっています。

吉野家の取締役はどういった不適切発言をしたのか?今後辞任するのか?今後の影響について予想してみます。

 

吉野家の伊東正明取締役の不適切発言とは?

この講演では、若い女性にも牛丼を普及させるためのマーケティング施策についての戦略を講義の題材とされていたものです。

 

吉野家の取締役の不適切発言とは?

特に批判されている部分
  • 若い女性を狙ったマーケティング施策を「生娘をシャブ漬け戦略」と笑いながら発言。
  • 田舎から出てきた右も左も分からない若い女の子を無垢・生娘な内に牛丼中毒にする。
  • 男に高い飯を奢って貰えるようになれば、絶対に食べない」

その中で、伊東正明氏は「生娘(純粋な女性)をシャブ漬けにして牛丼中毒にする」という趣旨の発言をしたことが問題視されています。

 

差別や犯罪を助長している

これらの表現が意図するところはなんとなくわかるものです。

おそらく伊藤正明氏のなかで、講義の参加者への冗談のつもりで発言したものであったのではないかと思われます。

しかし、人種差別や性差別など「あらゆる差別」の根絶が求めらている社会で、こういった表現は極めて不適切であると言えます。

この事実をFacebookで告発した女性は、運営側に強く抗議し、講演の最後に謝罪を受けたとのことでした。

しかし、これらの経緯はSNSで瞬く間に拡散され批判の声が各方面から寄せられています。

 

吉野家広報の不適切発言の対応にも批判の声!取締役は辞任・解任?

吉野家の広報チームからリリースされた「当社役員の不適切発言についてのお詫び」がさらなる炎上を招いています。

いったいどういうことなのでしょうか?

 

吉野家広報の不適切発言の対応とは?

吉野家の広報がリリースした「当社役員の不適切発言についてのお詫び」でも、広報チームが該当役員へのコンプライアンス教育をうたっていますが、このお詫び文のファイルのプロパティが該当役員である伊東正明氏の名前であることが火に油を注ぐことになりました。

このお詫びが自作自演であることがバレてしまったのです!

 

伊東正明氏は取締役を辞任する?それとも解任?

極めて厳しい状況におかれていることは確かだと思われます。

伊東正明氏は今回の社外の講義は、吉野家としての仕事ではなく、「OFFICE MASA」という株式会社の代表取締役社長も務めています。

これは伊東正明氏の個人会社のようで、会社からも副業を兼任することを認められていたようです。

吉野家の業務とは関係のないところでの不用意な発言で、会社にも著しく大きな損害を与えていることから、辞任もしくは解任される可能性が高そうです。

追記 吉野家取締役を解任!

おそらく発言の当事者から辞任の申し出があったと思われますが、辞任を認めるとあまりにも企業イメージが悪いので解任にしたと思われます。

今後の影響は?

今回の失言がSNSやネットだけでなく株価などにも大きく影響を与えているようです。

既に直近では次の二つのことが具体的な影響として出ています。

 

不適切発言で新商品の会見中止!

「吉野家」は18日、19日に都内で行われる予定だった新商品、新CMの記者会見を中止すると発表しています。

開発期間10年を費やした親子丼を発表する予定で、タレントの藤田ニコルが出席予定でした。

 

早稲田大学講師を解任!?

今回の発言をもとに、早稲田大学は同社幹部を講師から解任することも検討しているようです。

講座は16日が初回だったとのこと。

 

吉野家の取締役は不適切発言で辞任する?今後の影響まとめ

今回は「吉野家の取締役は不適切発言で辞任する?今後の影響は?」というテーマでお届けしました。

吉野家の取締役を務め企画本部長を務めている伊東正明氏の今回不適切発言は容認されるものではありません。

今後は辞任か解任が予想されますが、今後の動向を見ながら追記していきたいと思います。