大谷翔平の愛車は何?値段とメーカーや車種と愛車の遍歴を調査!

Pocket

今回は「大谷翔平の愛車は何?値段とメーカーや車種と愛車の遍歴を調査!」と題してお届けします。

メジャーリーグのエンゼルスで活躍する大谷翔平。

今年は2023年のWBC日本代表にも選出され、シーズンの活躍と合わせてWBCでの活躍に期待の声も高まっています。

大谷翔平はメジャーリーグでのシーズン中と日本で過ごすオフシーズンには車で移動することが多くありよく目撃されています。

この記事では大谷翔平の乗っている愛車が何なのか?また、乗っている愛車の値段とメーカーや車種はもちろん、これまで乗っていた愛車の遍歴についても調べてみました。

 

大谷翔平が乗る愛車はポルシェ?値段と車種の2023年の最新情報!

メジャーリーガーの乗る車と言えば高級なスポーツカーや、安全性が高いとされる大きなSUV車が一般的です。

第一線で活躍するメジャーリーガーは収入にも比例して車にもお金をかける選手が多い訳ですね。

大谷翔平が乗っている愛車として有名なのはテスラのモデルXでエンゼルスのホーム球場でもよく目撃されています。

大谷翔平が現在乗っている愛車は何でしょうか?

 

2022年にポルシェとブランドパートナー契約を締結!

2023年現在大谷翔平が乗っている車はポルシェです。

これは、大谷翔平が2022年8月にポルシェとブランドパートナー契約を締結したからです。

「ポルシェドライビングアスリート」に任命され、Web上やSNS、店舗や屋外広告に登場するというもの。

ポルシェドライビングアスリートとは・・・
ポルシェは時代の最先端を走るスポーツカーメーカーとして、夢を追い、挑戦を続け、常に進化することを追求してきたブランドです。ポルシェジャパンはこれまでも、世界で活躍する日本人アスリートを「ポルシェ ドライビングアスリート」と称し、その活動を応援してきました。

大谷選手は高校卒業後に日本プロ野球で活躍し、2017年にMLBの現チームへ移籍。海外でも二刀流を武器に躍進し、2021年には、日本人史上2人目となるアメリカンリーグのシーズンMVPを満票で受賞する偉業を成し遂げました。このように夢を追いかけ挑み続ける大谷選手の姿勢が、ポルシェの“夢を追いかける人のためのブランドであり続ける”というミッションと合致することから、今回の「ポルシェ ドライビングアスリート」の就任に至りました。引用:ポルシェジャパンホームページより

 

車種はタイカンターボSのEVモデルで値段は2500万円!

大谷翔平の愛車は、ポルシェ初の完全電気自動車スポーツカーの「ポルシェ タイカン」です。

日本では、ベーシックな後輪駆動の “TYCAN” 、4WDの “4S” 、ハイパフォーマンスの “TURBO” 、そして最上級の “TURBO S” の4モデルが販売されています。

大谷翔平が乗るのは、最上位モデルの「ポルシェ タイカン ターボS」です。デュアルモーターの電気駆動系が生み出す、最大出力671hp、850Nmの強力なトルクの波により、100m到達加速はわずか2.8秒と、フル電動スポーツカーの中で最も速い部類に入る本格派スポーツカー。

ポルシェ タイカン ターボSは、ポルシェの持つ技術のすいを集めたスーパーカーであり、ポルシェ初のEVカーです。

メジャーリーグで二刀流の道を初めて切り開いた大谷翔平とポルシェ初の挑戦という部分を重ねてポルシェドライビングアスリートとして起用したのかもしれませんね。

 

大谷翔平はテスラにはもう乗れない?

大谷翔平の愛車として有名だったのはテスラのモデルXですが、ポルシェとのブランドパートナー契約を結んだことにより、今後は大谷翔平がテスラのモデルXに乗ることはなくなると思われます。

これは一般的なCM契約でもよくあることで、契約期間中に競合となる同じカテゴリ製品や同じ分野の企業広告に出演してはならないというルールが契約に盛り込まれるためです。

ポルシェのアンバサダーを務める大谷翔平がポルシェ以外の車に乗るとイメージ的にもよくないですよね。

 

テスラのモデルXは家族へ譲っている可能性も

これまで乗っていたテスラのモデルXは、大谷翔平の両親か兄弟にプレゼントしている可能性があるかもしれません。

これは、以前表彰された「日本プロスポーツ大賞」の副賞は三菱自動車のアウトランダーでしたが、当時免許を持っていなかった大谷翔平は父親にプレゼントしている前例があるからです。

大谷翔平にはお兄さんとお姉さんがいることから、どちらかに譲るという選択肢もありそうですね。

 

大谷翔平の車の遍歴はヒュンダイ・テスラ・ポルシェ!

大谷翔平がこれまで乗ってきた車はどんな車なのか気になりませんか?

これまで3台の車に乗っています。

ヒュンダイのYFソナタ、テスラのモデルX、ポルシェのタイカンターボSです。

大谷翔平がこれまで乗ってきた車の遍歴とエピソードについてまとめてみました。

 

ヒュンダイのYFソナタ

大谷翔平がエンゼルスに入団したとき、レンタカーはヒュンダイのYFソナタが支給されました。

日本のプロ野球選手が好んで使うような大きくて豪華な車ではなく、ヒュンダイのYFソナタは日本円で200万程度の価格です。

球団から用意される車は選手からのリクエストで決まるようですが、大谷翔平は特にリクエストをすることなく、当時通訳を務めていたのが韓国人であったことから、通訳のチョイスでヒュンダイに決めたようです。

球団からももっといい車を用意しようかと聞かれたようですが、ヒュンダイのYFソナタでOKしたそうで、大谷翔平の物欲のなさというか、車への関心がなかったということを物語るエピソードですね。

 

テスラのモデルX

大谷翔平は2020年のシーズン終了後に、米国での自動車免許を取得したようです。

日本ハム在籍時から年俸が「億」を超えていましたが、倹約家としても有名で、比較的質素な暮らしぶりといわれています。

そんななか、「モデルX」を購入したことが、テスラの関係者のTwitter投稿でニュースにもなっています。

モデルXは、2015年から発売されているSUVタイプの電気自動車(EV)で、このモデルXは、1000万円を超える仕様ではあるものの、ポルシェやフェラーリのように乗ることがステータスとなる車というよりは、実用的な車ということで、大谷翔平らしい堅実な選択といえそうですね。

大谷翔平がテスラを選んだ理由も気になるところです。

特にテスラを選んだ理由について本人の口から語られることはないですが、エンゼルスがロサンゼルスを拠点としているも車選びに影響を与えたのかもしれません。

カリフォルニア州は世界的に見て、電気自動車(EV)が盛んな地域の一つとされており、町中では多くのテスラ車が走っています。

充電施設なども各地で整備されており、日常的な使用でもストレスを感じることもほとんどありません。

ロサンゼルスという土地柄やランニングコストや税制面でもメリットがあることを考えると、大谷翔平がモデルXを愛車とするのも決して特別なことではなく、むしろ大谷翔平らしいで選び方なのかもしれませんね。

 

ポルシェのタイカンターボS

2022年に8月にポルシェの「ドライビングアスリート」に選ばれてたことがきっかけで、タイカンターボSに乗っています。

大谷翔平はテスラのモデルXもそうでしたが、このタイカンターボSも電気自動車(EV車)です。

テスラのモデルXを選んだ背景としては、前述したようにロサンゼルスを拠点としていることが車選びの背景にありそうです。

ポルシェのタイカンターボSについてはポルシェからの車両提供ということもあり、ポルシェのイメージ戦略でこの車種を選んでいる可能性もありそうです。

というのも電気自動車はこれからの主流になるとされる有力な市場であり、ポルシェの最先端の技術が集まっています。

メジャーリーガーとして人気と実力を兼ね備える大谷翔平が乗っているということはより多くの消費者へアピールでき宣伝効果も抜群。

これからもアンバサダーを続ける間は最新車の車両提供がされていくのではないでしょうか?

大谷翔平が乗っているスポーツカーということでセールス面での貢献も楽しみなところですね。

 

大谷翔平の愛車は何?値段とメーカーや車種と愛車の遍歴まとめ

今回は「大谷翔平の愛車は何?値段とメーカーや車種と愛車の遍歴を調査!」と題してお届けしました。

Q1.大谷翔平が乗る車はポルシェ?

A1.2022年に自動車メーカーのポルシェとブランドパートナー契約を締結したことから2023年現在はポルシェが提供する車に乗っています。

 

Q2.値段と車種は何?2023年の最新情報は?

A2.2023年現在で大谷翔平の愛車の車種はタイカンターボSのEVモデルで値段は2500万円です。

ポルシェから車両提供を受けています。

 

Q3.大谷翔平の車の遍歴は?

A3.これまでに乗っていた愛車はヒュンダイのYFソナタ・テスラのモデルX・ポルシェのタイカンターボSです。

これからの車は電気自動車(EV車)が主流になることもあり、ポルシェでもタイカンターボSという電気自動車(EV車)への広告塔として起用されています。

若い世代の自動車離れもよく言われていますが、大谷翔平の起用で自動車業界も盛り上がってくるといいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です