大谷翔平の盗塁とスピードが凄い!足の速さもメジャーでトップクラス!

Pocket

今回は、大谷翔平の盗塁とスピードが凄い!足の速さもメジャーでトップクラス!というテーマでお届けします!

大谷翔平のホームスチールが注目を集めています!

ホームスチールと言えば足の速さが無ければ成功しません。

二刀流でピッチングとバッティングに注目が集まりますが、大谷翔平は走塁もヤバイんです!

そのうち、代走で使われることもあるのでは無いかと考えてしまいます。

実際のところ、投手として活躍している現在は難しいかもしれません.

しかし、打者に専念する時がくればそういう選択肢も生まれるのかもしれません。

そういう訳で、大谷翔平の盗塁の記録やスピードについて調べてみて足の速さも凄いことがわかりましたので紹介していきます!

 

大谷翔平の盗塁とスピードの凄さを紹介!

9月1日のヤンキース戦でホームスチールを含む2盗塁を記録した大谷翔平。

今期42本塁打、22盗塁を達成!

この記録は、ホセ・カンセコ、アレックス・ロドリゲス、ケン・グリフィーJr.に次いで史上4人目です。

それでは、大谷翔平の盗塁の凄さとスピードについて紹介していきます。

 

大谷翔平の盗塁の凄さ!

野球選手の足の速さを評価する際に、一般的には盗塁の数がイメージしやすいと思います。

大谷翔平は今期の前半戦では12盗塁を記録。

両リーグを通じて17位タイという記録でした。

盗塁数トップ選手の丁度半分という数字です。

数字上のインパクトはさほどありませんが、メジャーリーグのトレンドとして、盗塁数は減少傾向です。

これには主に二つの理由があります。

  1. 故障リスクを回避する。
  2. 盗塁をするためにカウントを不利にするよりも、打者にそのまま打たせたほうが得点の可能性が高いというデータがあるから。

前半戦に2桁本塁打を記録した選手120人に対し、2桁盗塁は28人のみ。

2桁本塁打、2桁盗塁を両方クリアしているのは大谷翔平を含めて14人しかいません。

このことからもいかに大谷翔平がパワーとスピードを兼ね備えた選手だと言えるでしょう。

 

大谷翔平はメジャー屈指のスピードも持つ!

大谷翔平のトップスピードは秒速30.3フィートで、時速換算33.2キロです。

さらに一塁到達タイム4.08秒は両リーグ4位です。

日常使われるママチャリで平均スピードが時速15キロ前後、最高速度が時速30キロと言われます。

大谷翔平のトップスピードはママチャリと競争しても楽々勝てる程。

メジャーリーガーの平均トップスピードは秒速27.2フィートで時速29.8キロです。

ちなみにイチローの全盛期では30.06キロだったので脅威的な数値ですね。

 大谷翔平の足の速さとメジャーでの存在価値が高まる訳

大谷翔平の足の速さにフォーカスしてみると、他の競技でプレーしていても一流のプレイヤーになっていたのだろうと思います。

アメフト、ラグビー、陸上・・・

どの競技でも活躍する姿にイメージが湧きます。

それでは大谷翔平の足の速さをメジャー流の指標でも見てみましょう!

 

大谷翔平の足の速さはメジャートップクラス

メジャーでは「スピード・スコア」という指標があります。

これは、盗塁成功率、盗塁施行、三塁打割合をもとに、どれだけ本塁に生還できたのかで算出される数値です。

選手のスピードとベースランニングを評価した指標です。

平均が4.5を超えると好成績とされ、7.0以上は球界トップクラスの目安とされています。

大谷翔平は両リーグを通じて8位の7.3を記録しています。

 

メジャーで存在価値が高まる訳

メジャーのトレンドはパワー全盛時代です。

投手の投球スピードの高速化に対応するため、打者に得点効率のいい本塁打を求めるようになっています。

そして、バットコントロールの技術で安打を稼いだり、バントで細かく繋ぐことは求められなくなりました。

また、盗塁数はもちろん頭を使った走塁を意識した選手も減少しています。

そういった意味でも、大谷翔平は際立った存在価値を放っていると言えるのではないでしょうか?

最も得点効率のいい本塁打、そして長打数も両リーグトップでありながら、「頭を使った野球」を体現して塁を陥れ、フィールドに見るものを楽しませるスピードも魅せてくれるのですから。

 

大谷翔平の盗塁とスピードの凄さと足の速さのまとめ

大谷翔平の盗塁とスピードが凄い!足の速さもメジャーでトップクラス!というテーマでお届けしました。

大谷翔平の二刀流は既に定着していますが、最近は三刀流・四刀流と呼ばれることもあります。

改めて調べてみて、盗塁に見る足の速さは驚異的なスピードということがわかりました。

これから大谷翔平を見る時には、ピッチング・バッティングの他に走塁にも注目して見ると新しい楽しみが増えるのではないでしょうか?

大谷翔平の盗塁はファンの心を掴みますが、投手としての活躍を考えるとあまり無理はしないで欲しいということも正直なところです。

怪我をせずに活躍して欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です