ガーシーCH東谷義和はアテンド経験が豊富!暴露内容は自分の体験談!

Pocket

今回は「ガーシーCH東谷義和はアテンド経験が豊富!暴露内容は自分の体験談!」と題してお届けします。

連日報道されている芸能ニュースの中でとりわけ注目を集めている人がいます。

YouTubeで芸能人の裏事情を暴露するガーシーチャンネル(ガーシーCH)を運営する東谷義和さんです。

東谷義和さんは芸能人のアテンドを27年間してきたと言いますが、彼が使う「アテンド」とはどういう意味なのでしょうか?

また、東谷義和さんが芸能人の暴露を連発していますが、なぜ暴露内容を知っているのか?その暴露内容の信憑性はどうか?という疑問に答えていきたいと思います。

 

東谷義和の暴露内容の情報源とアテンドとは?

東谷義和さんの暴露する内容に注目が集まる中で、東谷義和さんの暴露内容の情報源と彼がよく使う「アテンド」という言葉について解説していきます!

 

暴露内容の情報源

東谷義和さんが暴露していネタの情報源は東谷義和さんの自身の体験談です。

東谷義和さんはもともとは大阪で車屋と板金の仕事をしており、芸能界とは無縁の一般人でした。

20代の前半、大阪のミナミで遊んでいた際に、ロンドンブーツの淳さんと出会い友達に。

淳さんの助言で仕事の拠点を東京に移したことがきっかけとなり芸能界との関りを持つようになります。

芸能界に幅広い人脈を持った東谷義和さんはアーティストやタレントとの付き合いの中で、芸能人に対していろいろなお世話をしていました。

東谷義和さんはそのお世話をしてきた経験を芸能人のアテンドを27年間してきたと表現しています。

 

アテンドとは?

このアテンドという言葉が持つ本来の意味は「世話をする、付き添う」という意味です。

しかし東谷義和さんが使う「芸能人のアテンド」という表現は幅広い意味を持っています。

  • 芸能人がプライベートで食事が楽しめるような場所のセッティング。
  • 遊び相手の女の子を紹介してあげる。
  • 何かのトラブルが起った際のアフターフォローをする。
  • 舞台や撮影、LIVEの打ち上げの会場の手配、セッティングやその集まりを仕切ること。

などを指しており、そういったことを無償で行った経験を通じて、その時やその場所でのやりとりの様子を身近で見てきた体験談が暴露するネタ元となっています。

 

暴露内容の信憑性は?

東谷義和さんはこのチャンネルを始めるにあたり、暴露するネタは裏付けのあるもの、(信用を得られるに足る)証拠を提示できるものだけを行うと話ています。

実際にこれまで暴露した内容については、証拠となるLINEのやり取りのスクショやその場所を共にした証拠となる写真を公開することが定型となっており一定の信憑性はあると思われます。

ただし、あくまでも一方的な証拠提示であり、暴露された側の証言が得られていないことから、情報の取り扱いには注意が必要です。

 

YouTubeを始めた理由と世間の反応は?

このパートでも、東谷義和さんのことを良く知らない方に向けて、YouTubeを始めた理由と世間の人が思っている感想をまとめて紹介します!

 

YouTubeを始めた理由

自ら招いた金銭トラブルのため、お金が必要になりましたが、ユーチューバーのヒカルが実名を出して犯人扱いした動画を公開したことがきっかけとなり社会的信用と仕事を失ったからです。

仕事が無くなった東谷義和さんは知人の好意で名前も隠してアルバイトをしていますが、それと兼業する形で、YouTubeを始めました。

このYouTubeで得た収入は金銭トラブルの相手に弁済すると明言しています。

この詳細はこちらの記事↓↓↓でご確認下さい。

東谷義和って誰?何者か年齢やWikiプロフィール・経歴から調査!

 

世間の反応は?

SNSでの反応をまとめました。

東谷義和さんが暴露を始めたきっかけが逆恨みに感じる人も多いようです。

 

同じ芸能人の暴露が続くのはやはり再生数で反応を見ているからかも知れませんね。

ビジネスとしては正しいですが、他人を暴露しながら、反〇との接点が何となく見えるところに疑問を持つ人も多いようですね。

 

お金が無くなったのが、この番組を始めるきっかけですし、背に腹かえれないところもあるのでしょうね。

仮にお金があって、ヒカルの動画がなかったら今もアテンドしてたのかもしれませんね。

お金は心の余裕って深い言葉ですね!

 

裏切られたことに同情する声も少なからずあるようですね。

LIVE配信のスパチャで投げ銭している人は応援したい気持ちがある人が多いのかも知れませんね。

 

ガーシーCH東谷義和はアテンド経験が豊富!暴露は自分の体験談!まとめ

今回は「ガーシーCH東谷義和はアテンド経験が豊富!暴露内容は自分の体験談!」と題してお届けしました。

今回の記事をまとめると・・・

  1. 東谷義和さんは芸能人との人脈を築き、付き合いがある芸能人に対してアテンドという言葉が本来持つ意味以上に深く広くお世話をしてきました。
  2. そういったことを無償で行った経験を通じて、その時やその場所でのやりとりの様子を身近で見てきた体験談が暴露するネタ元になっています。
  3. YouTubeを始めた理由は、ユーチューバーのヒカルに金銭トラブルを実名で暴露されたことにより、仕事が無くなったからです。
  4. 世間やSNSでの反応としては、その行為を非難する人もいれば、応援している人もいるという不思議な光景が生まれています。

まずは、この番組を軌道に乗せてしっかりと収益を出して、金銭トラブルの相手への返済 を完済することを目標に続けて欲しいと思います。