東谷義和はなぜ捕まらない?詐欺や名誉棄損で逮捕されない理由の考察!

Pocket

東谷義和はなぜ捕まらない?詐欺や名誉棄損で逮捕されない理由の考察!

今回は「東谷義和はなぜ捕まらない?詐欺や名誉棄損で逮捕されない理由の考察!」と題してお届けします。
今ネットやSNSで注目を集めている東谷義和さんをご存じでしょうか?

東谷義和さんは、飛ぶ鳥を落とす勢いでYouTubeのチャンネル登録者数を増やしている暴露系ユーチューバー。

芸能人の暴露ネタで再生数を稼いでおり、現時点(2022年3月12日)での登録者数は63.1万人!

東谷義和さんがYouTubeを始めたきっかけは、ユーチューバーのヒカルさんが告発した詐欺の疑惑が発端です。

東谷義和さんの詐欺の被害者とされる人が多いと言われていますが、東谷義和さんはなぜ捕まらないのでしょうか?

この記事では次の3つについて紹介します。

  • 東谷義和さんの疑惑の詐欺とはどういったものなのか?
  • 東谷義和さんがなぜ捕まらない?のか、4つの可能性について
  • 東谷義和さんが今後、詐欺や名誉棄損で逮捕されないのか?逮捕の可能性について

それではいってみましょう!

 

東谷義和の疑惑の詐欺とはどんなもの?

東谷義和さんには2つの詐欺への関与が疑われています。
一つは週刊文春で取り上げられ、TwitterのインフルエンサーZ李さんに晒された詐欺の疑惑ともう一つはユーチューバーのヒカルさんに動画で実名告発された詐欺の疑惑です。
それぞれについて概要を紹介します!

 

BTSに会える詐欺

Twitter界のインフルエンサーZ李さんがTwitterで明らかにしたものです。

東谷義和さんが手掛けていた自身のブランドがBTSとコラボするのでLAに一緒に行けば合わせてあげると言って、参加したい人を募り30万円を振り込ませたというものです。

 

ユーチューバーのヒカルを使った案件詐欺

今は動画が非公開となりましたが、ヒカルさんのYouTubeに登場した被害者の話によると、「ヒカルがYouTubeで商品の宣伝をしてくれる」と言うことで広告費用とキャスティング費用として東谷義和さんに130万振り込んだものの連絡がつかなくなったというものです。

その後、ヒカルさんが宣伝することは無く東谷義和さんに問い合わせたところ、返金するといわれましたが、音信不通になって返金されていないというものです。

 

東谷義和はなぜ捕まらない?4つの可能性を紹介!

詐欺被害を主張する人も多く出てきており、すぐに捕まってもおかしくないと思う人も多いのではないでしょうか?

東谷義和さんはなぜ捕まらないのでしょうか?考えられる4つの可能性を紹介します。

 

➀被害届が受理されていない?

東谷義和さんが逮捕されない理由1つ目は被害届が受理さていないことが考えられます。

実は詐欺事件の場合は被害届の不受理が多いと言われています。

罪の立証が難しく客観的な証拠が不十分と判断された場合や民事事件(当事者間のトラブル)と判断される場合は被害届が受理されないケースがあるようです。

 

②当事者の本人が詐欺行為を認めていない

東谷義和さんは詐欺を認める発言は一切していません。

一連の詐欺疑惑について、最初から騙すつもりがあったことを認めると今後の捜査の進展によっては不利になることが予想されるためだと思われます。

東谷義和さんは、スパチャなどで詐欺について問われることがあっても、一切騙したことは認めず、「迷惑をかけた人」と表現するに留めています。

これはおそらく弁護士からのアドバイスによるものです。

東谷義和さんはYouTubeを始めるにあたり、弁護士と相談したと話しています。

また、普段の生活でも暴露をすることから自身の身の安全を担保するために、毎日弁護士に連絡をしており、脅迫が誰から届いたかについても報告しているそうです。

 

➂返済する意思表示を明確にしている

東谷義和さんはTwitterや配信内で迷惑をかけた人たちに返済する意思を明確に示しています。

この意思表示があるため東谷義和さんは逮捕されないのだと思われます。

また、現在無一文であるために返済できないと理由を話しており、チャンネルが収益化したら返済するということで最初から騙し取るつもりがなかったことをアピールしているのだと思われます。

 

➃警察が詐欺の容疑の裏付けができていない

今回の容疑は2件とも、被害者が詐欺だと認識したのが時間が経過してからのため、現行犯で逮捕されるのでは無く、通常逮捕(後日逮捕)という流れになるケースです。

詐欺事件の加害者を通常逮捕するためには、裁判所が発行する逮捕状を示す必要があり、逮捕状の請求には、逮捕の理由と逮捕の必要性を認めるべき資料をつける必要があります。

そのために内偵捜査をするわけですが、今回のように被害者の数も多い場合には裏付けに時間がかかることから、まだ逮捕には至らないとう可能性があります。

 

東谷義和は逮捕されない?詐欺や名誉棄損で逮捕の可能性はある?

東谷義和さんが捕まらない可能性についての考察を前のパートでしましたが、今後も東谷義和さんが逮捕されない?のでしょうか?逮捕の可能性について予想します。

 

詐欺の逮捕

逮捕の可能性という点だけで見れば逮捕はありえることです。

詐欺容疑の裏付けが取れれば逮捕状を請求される可能性もあります。

ただ、逮捕や勾留されるのは逃亡や罪証隠滅を防止するためで、加害者と被害者間で示談できた場合には、加害者が逃亡したり罪証隠滅をする可能性が低くなります。

そのため、被害者と示談できれば、逮捕を避けられる可能性もあり、被害者が被害届を出す前に示談が成立すれば、事件化すること自体避けられる可能性もあります。

おそらく東谷義和さんは弁護士とのやりとりでこういったことを念頭に動いていると思われます。

 

名誉毀損の逮捕

名誉毀損による逮捕はありません。

名誉毀損は親告罪と呼ばれる犯罪です。

親告罪は、被害者が警察に加害者を取り締まってほしいと訴えない限り、法律上は罪になることでも逮捕されません。

被害者が相手を刑事告訴して刑事事件にする必要がありますが、東谷義和さんは弁護士に相談しており、名誉毀損で訴えられる可能性を想定しているはずです。

双方が争うために事実確認が必要になり、本人や相手、関係者、交際相手など 公開の法廷で証人喚問される可能性が高まります。

その場合は一般人も裁判を傍聴できるし、マスコミも一斉に内容を報道することでその詳細が“デジタルタトゥー”として半永久的に残ることになります。

そのことを天秤にかけると被害者側が黙るという選択肢もあるでしょう。

 

東谷義和はなぜ捕まらない?詐欺や名誉棄損で逮捕されないまとめ

今回は「東谷義和はなぜ捕まらない?詐欺や名誉棄損で逮捕されない理由の考察!」と題してお届けしました。

以下まとめです。

東谷義和さんの疑惑の詐欺は2つ。

  • BTSに会えると騙してお金を集めるもの。
  • ヒカルのYouTubeで商品の宣伝をするという2つの詐欺疑惑がある。

東谷義和さんがなぜ捕まらない?ということについて4つの可能性がある。

➀被害届が受理されていない。
➁当事者の本人が詐欺行為を認めていない。
➂返済する意思表示を明確にしている。
➃詐欺の容疑の裏付けができていない。

東谷義和さんが今後、詐欺や名誉棄損で逮捕されない?のか、逮捕の可能性は?

  • 詐欺については逮捕の可能性はある。
  • 名誉毀損については、親告罪であり逮捕の可能性は低く、裁判などで有名人である被害者のプライバシーを公開するリスクを考えると訴えられる可能性も低い。

これからいろいろな話題が取り上げられると思いますが今後の動向にも注目が集まりそうですね!